魅力的な店舗内装の決め方について

スタッフの動きやすさと快適な空間

雰囲気やイメージを決める重要なコンセプトスタッフの動きやすさと快適な空間売り上げに直結する照明効果

もちろん、顧客だけでなく店舗を運営するスタッフにとって快適な空間を作ることも大切です。
例えば、スタッフの動線に配慮した内装に仕上げることで、業務中にスタッフが働きやすくなることは当然ながら、それに伴い効率良くサービスを提供できるようになります。
スタッフの動線は業種や業態によって異なるため、内装に反映する場合はスタッフの実際の動きをイメージしておくことが大切です。
続いて二つ目ですが、業種と業態に合わせてインテリアを決めることです。
インテリアを選ぶ上では経営者の趣味や意向を反映させたくなるものですが、それだけでなく業種や業態によってインテリアを決める必要があります。
例えば飲食店の場合、ターゲット層や顧客のニーズ、利用するシーンや価格によって座席数を決定します。
運営するのがカフェなどで、リラックスしながら時間を過ごして欲しい場合には、テーブル席だけでなくソファー席などを設けた方が効果的なケースもあります。
そして、座席だけでなく照明においても業種と業態を考慮することが大切です。
商品を販売するための店舗であれば、商品をより魅力的に見せるための明るさを選択する必要があります。

はーやっと代々木内装リノベの話が現実的に動き始めて良かった。
それでも小分け進行で完成までは時間かかりそうだけど。
店舗内装リノベって大変なのね。
今回はスタッフの動線設計も一緒にやってるし。

— 白鳥 紘子 Hiroko Shiratori (@irotarihsLASH) August 13, 2017